ECコンサル(楽天・Yahoo!)に特化したモールコンサルタント|東京

2016年1月31日

★アクセス人数アップの法則

モール内検索対策 キーワード選定①

◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
◆モール内検索対策 キーワード選定①
◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
まず、楽天サーチの検索ロジックは定期的に変更されるので、
常にアンテナを張って自らロジックを解明していくか、
そのロジックを知れる状態にいないと
無料のアクセス経路が一つ断たれてしまうことになるのでご注意ください。

楽天サーチの検索ロジックは、キーワードとレビューが重要であることはご存知の方が多
いでしょう。

この他にもいくつか重要要件がありますが、その中でも特に重要な項目についてお伝えします。

まずは、キーワード対策
対象の商品が検索されそうなワードをピックアップして挿入しなければなりません。

単純に検索されそうなワードを感覚的に入れていくだけでは不十分です。
考え方は以下を参考にして下さい。

まず、対策する商品において最も検索されそうなワードを考えます。 いわゆるビッグワードと呼ばれるものです。
◎一般的な商品の種類名(ワンピース、ショルダーバッグ、サプリメント、赤ワイン等)
◎ブランドor メーカー名(ルイヴィトン、トヨタ等)
おそらく上記のようなビッグワードになると思います。
これらのビッグワードで検索上位にくればベストですが、検索ヒット数が多く、非常に難しい。
そこで狙うべきは、上記のようなビッグワードと共に検索されやすい複合ワードです。

「子供服」であれば「男の子」等。
「Tシャツ」であれば「メンズ」「無地」「白」等です。

その際参考になるのは、楽天の検索補助機能です。
検索補助機能とは何かというと、
楽天市場の検索窓で何かキーワードを入力すると、
そのキーワードと一緒に検索されている複合キーワードが表示されます。

ここの一覧に出てくるキーワードは検索回数が多い順になっているので、
どんなキーワードを入れたらいいか悩んでいる方はまず
ここに出ているキーワードを片っ端から入れることをおすすめします。

こんなワードで検索されるわけがない、と思うような、通常では絶対に思い付
きそうにないワードが出てくる場合もあります。
それこそが狙い目。押さえておきたいワードです。
商品登録をする際、皆さん商品名やキャッチコピーを考えると思います。
その際に一手間かけて、キーワードを調べるだけでいいのです。

詳しく内容を聞きたい方、もしくはコンサル希望の方は
下記よりお問い合わせお願いします。
お問い合わせはコチラ

まとめ

キーワード選定はまず楽天検索のサジェストキーワードを参考に!!