ECコンサル(楽天・Yahoo!)に特化したモールコンサルタント|東京

2016年2月17日

★アクセス人数アップの法則

検索「キーワード」~挿入場所~①優先順位

◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
◆モール内検索対策 優先順位
◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆

あまり知られていないようですが、
キーワードの挿入箇所には優劣があります。

A:商品名
B:キャッチコピー
C:商品説明文
D:販売説明文

A:商品名が最も検索に拾われやすく、D:販売説明文が拾われにくいのです。
ですから、商品名やキャッチコピーにワードを挿入するのが基本。
ひっかけたいキーワード順にA⇒B⇒C⇒Dと優先順位を付けて挿入させていきましょう。

ここでもう一つ注意

商品名からあぶれたキーワードをキャッチコピーに挿入する際に、
必ずモバイル用キャッチコピーにも注意を払って挿入してください。

今楽天の売上の6割以上がスマートフォン経由と言われていますが、
そのスマートフォンのキャッチコピーはこの
モバイル用キャッチコピーになります。
PC用キャッチコピーにだけキーワードを入れていますと、
大事なスマートフォンではそのキーワードが引っかからなくなりますので、
ご注意ください。

詳しく内容を聞きたい方、もしくはコンサル希望の方は
下記よりお問い合わせお願いします。
お問い合わせはコチラ

まとめ

キーワードは優先順位を意識して