ロゴ

楽天市場とPaypayモール、Yahoo!ショッピングに特化したコンサルティング・運用代行

03-6260-6815

受付時間:10時~18時(土・日・祝定休日)

お問い合わせ

お電話

MENU

ブログ

Blog

【楽天RPP攻略】広告効果を最大化させる5つのコツを徹底解説!

2022.08.03

こんにちは、ファイブスプリングスです。

 

楽天市場で集客・売上の向上を図る上で非常に重要な楽天RPP広告ですが、最大限の広告効果を得るためには分析に基づいて商品設定を最適化するなどの工夫が必要です。

 

そこで今回は、楽天RPPの広告効果を最大化させる5つの攻略法・コツを解説します。

商品設定やレポートの見方など実際の手順について画像付きで詳しく解説するため、楽天RPP広告を攻略して最大限の効果を得たい方はぜひ最後までご覧ください。

 

【本記事でわかること】

◎楽天RPP広告の特徴と仕組み

◎楽天RPPの広告費用を最適化させる方法

◎商品設定やパフォーマンスレポート閲覧の具体的な手順(操作手順の画像つき)

 

楽天RPP広告とは

楽天RPP広告とは

楽天RPP広告とは、楽天市場内での検索キーワードに連動して表示される検索連動型広告のことです。

わかりやすく言うと、楽天市場で検索した際に上位に[PR]として表示される以下のような広告を指します。
(赤枠で囲っている[PR]と記載された商品が、楽天RPP広告で掲載されている商品です。)

楽天RPP広告を攻略するためには、まず楽天RPP自体の特徴や仕組みについてしっかりと理解することが重要です。

 

【パソコンの場合】

 

【スマートフォンの場合】

 

【楽天RPP広告の”RPP”とは?】

RPPは、Rakuten Promotion Platform(楽天プロモーションプラットフォーム)の略称です。

 

楽天RPP広告の特徴

楽天RPPはクリック数に応じて設定された単価料金が発生するいわゆる「クリック課金型広告」ですが、以下のような特徴を持っています。

【楽天RPP広告の特徴】

〉月予算5,000円~、CPC単価10円~と低コストでおこなえる

〉すべての商品を対象として、ユーザーに最適な商品が自動配信される

〉商品ごとでのCPC設定やキーワード指定ができる

〉除外商品設定により、配信する商品を選定できる

〉パフォーマンスレポートを活用してデータ分析ができる

※キーワードを指定する場合は、CPC単価40円~

 

楽天RPP広告の効果を高めるためには上記の特徴を踏まえた上で単価設定や商品設定を最適化する必要がありますが、詳しくは後ほど「楽天RPP広告を攻略する5つのコツ」で解説します。

 

楽天RPP広告が表示される仕組み

楽天RPP広告では、ユーザーのキーワード検索に基づいて広告商品が検索結果の最上位に表示されます。

パソコンの場合は3商品が、スマートフォンの場合は5商品が広告の掲載対象です。

これらの表示枠に選ばれる基準としては、以下のような要素が影響すると考えられます。

【楽天RPP広告に掲載されるための要素】

・設定CPC単価

・対象商品の売上件数

・対象商品の売上高

・対象商品のレビュー件数

…など

 

このように複数の要素が選定基準になっていると考えられるため、対象商品がそれぞれの要素に対してどれだけの力を持っているか試算することが重要です。

例えば「売上やレビューが少ない商品はCPC単価を高めに設定する」など、不足している要素をほかの要素で補うことで掲載される可能性が高くなるからです。

パフォーマンスレポートなどを活用しながら、上手く不足分を補って商品の競争力を高めましょう。

 

楽天RPP広告を攻略する5つのコツ

楽天RPP広告を攻略する5つのコツ

楽天RPP広告の特徴や仕組みを理解したところで、広告効果を最大化させるための攻略法を見ていきましょう。

今回は楽天RPP広告を攻略するコツとして、以下の5つを解説します。

【楽天RPP広告を攻略する5つのコツ】

  1. 広告を出す目的と目標を明確にする
  2. CPC10円で獲得できる商品を見つけて流入経路を増やす
  3. 商品に合わせてクリック単価やキーワードを設定する
  4. 除外商品設定により無駄な費用を削減する
  5. パフォーマンスレポートを活用して最適化を図る

 

 

広告を出す目的と目標を明確にする

細かい商品設定や分析をおこなう前に見直しておきたいポイントが、広告を出す目的と目標を明確にすることです。

なぜなら、広告を出す目的に応じて目指すべき目標や取るべき戦略が変わってくるからです。

【広告を活用する目的と目標の例】

・利益を大きくしたい
CPC単価が不要に高くならないように最適化する、利益率の低い商品を除外する…など

・商品やショップの知名度を向上させたい
CPAが高くなったとしてもクリック数を追求する、キーワード設定により表示率を高める…など

 

このように広告を出す目的によって、「どこにどのようにコストを投じるのか」が決められます。

今一度広告の目的、ひいてはECの目的について見直した上で、その目的を達成するために必要なアクションについて検討しましょう。

 

【関連記事をチェック!】

楽天RPP広告の目的別攻略法については、以下の記事でも解説しています。
楽天RPP広告における目的や具体的なアクションについて踏み込んで知りたい方は、ぜひあわせてご覧ください。

楽天RPP広告 目的別攻略法!「露出の占有」か「自然検索が上がるまでの投資」か

 

CPC10円で獲得できる商品を見つけて流入経路を増やす

楽天RPP広告をこれから始める場合や低コストで運用したい場合は、CPCを最低価格の10円に設定してみることもRPPを上手く運用するポイントです。

CPCが10円であっても広告枠に掲載される商品は少なからず存在し、そのような商品を経由してユーザーがショップページへと流入することでほかの商品が売れる可能性もあるためです。

もちろんCPC10円で売りたい商品が広告枠に掲載された場合は高いROAS(広告の費用対効果)も期待できるため、まずはCPCを10円に設定してみて競争力や流入経路としての効果を確認してみましょう。

 

【パフォーマンスレポートを確認する際は注意!】

上記のように低CPCで流入経路を増やしてメイン商品を売ることは有効なテクニックですが、パフォーマンスレポートで売上やROASなどをチェックする際は要注意です。

パフォーマンスレポートではRPP経由での売上については、最終的に売れた商品ではなく広告掲載されていた商品の売上となります。
例えば商品Aの広告を経由して商品Bが売れた場合でも売上は商品Aのものとなるため、計測・分析をおこなう際は注意しましょう。

 

また、CPCを11円に設定することも有効なテクニックです。

少しだけCPCを上乗せすることで、CPCを10円に設定している多くの競合商品にCPC単価での優位を取ることができます。

 

 

商品に合わせてクリック単価やキーワードを設定する

楽天RPP広告では、商品の競争力や売り出したい度合いに応じて商品ごとにCPCやキーワードを設定することが重要です。

商品ごとにCPCやキーワードを設定することで、より戦略的かつ細やかなRPP広告の運用ができます。

ここではCPCやキーワードを設定する方法について、画像付きで手順を解説します。

商品ごとにクリック単価を設定する方法

商品ごとにキーワードを設定する方法

※以下手順は執筆(2022年8月)時点での情報です。詳細については以下の楽天公式ページをご確認ください。
(閲覧にはRMSへのログインが必要です。ログイン後に下記URLをクリックしてください。)
店舗運営Navi  [検索連動型広告(RPP)] プロモーションメニューで商品・キーワード設定をする

RMSトップページ下部の「店舗運営Navi」>「広告・販促・分析」>「検索連動型広告(RPP)」からでも確認できます。

 

商品ごとにクリック単価を設定する方法

1. 楽天プロモーションメニューから、「検索連動型広告(RPP)」の「商品・キーワード設定」タブを開きます。

商品ごとにクリック単価を設定する方法1

 

2.「一括アップロード」ボタンをクリックし、「商品CPCの登録/更新」をクリックします。
(「新規登録」ボタンをクリックして、一度に5商品まで登録することも可能です。)

商品ごとにクリック単価を設定する方法2

 

3.「商品ごとのCPC単価を一括登録する」ウィンドウが開いたら、「サンプルフォーマットはこちら」ボタンをクリックします。

商品ごとにクリック単価を設定する方法3

 

4.一括登録用のCSVフォーマット(エクセル)がダウンロードされるため、開いて各項目を入力します。

商品ごとにクリック単価を設定する方法4

・コントロールカラム
以下のアルファベットを入力することで、広告掲載するかどうかを指定します。
n:新規登録
d:削除
u:変更

・商品管理番号
各商品の商品管理番号を入力します。

・商品CPC
各商品のクリック単価を数値で入力します。

 

5.最後に「商品ごとのCPC単価を一括登録する」ウィンドウの「ファイル参照」ボタンから4のCSVファイルを選択し、「アップロード」ボタンをクリックします。

商品ごとにクリック単価を設定する方法5

 

商品ごとにキーワードを設定する方法

1. 楽天プロモーションメニューから、「検索連動型広告(RPP)」の「商品・キーワード設定」タブを開きます。

商品ごとにキーワードを設定する方法1

 

2.「一括アップロード」ボタンをクリックし、「キーワードCPCの登録/更新」をクリックします。
(「新規登録」ボタンをクリックして、一度に5商品まで登録することも可能です。)

商品ごとにキーワードを設定する方法2

 

3.「キーワードごとのCPC単価を一括登録する」ウィンドウが開いたら、「サンプルフォーマットはこちら」ボタンをクリックします。

商品ごとにキーワードを設定する方法3

 

4.一括登録用のCSVフォーマット(エクセル)がダウンロードされるため、開いて各項目を入力します。

商品ごとにキーワードを設定する方法4

・コントロールカラム
以下のアルファベットを入力することで、キーワード設定するかどうかを指定します。
n:新規登録
d:削除
u:変更

・商品管理番号
各商品の商品管理番号を入力します。

・キーワード
対象商品を広告表示させたいキーワードを指定します。

・キーワードCPC

各キーワードのクリック単価を数値で入力します。

 

5.最後に「キーワードごとのCPC単価を一括登録する」ウィンドウの「ファイル参照」ボタンから4のCSVファイルを選択し、「アップロード」ボタンをクリックします。

商品ごとにキーワードを設定する方法5

 

除外商品設定により無駄な費用を削減する

楽天RPP広告では全商品が広告対象となるため、除外商品設定をおこなって広告掲載商品を選定することが重要です。

広告に掲載したくない商品ROASが悪い商品は除外し、無駄なコストを削減するようにしましょう。

【新商品を出す場合は除外設定を忘れずに!】

商品の除外設定で特に気を付けなければならないのが、新商品を出すタイミングです。

新商品が出た際に自動で広告対象化されることを見落としてしまうケースが多いため、広告対象にしたくない場合は注意しましょう。

 

一括で商品の除外設定をおこないリスト管理する方法は、以下のとおりです。

 

1. 楽天プロモーションメニューから、「検索連動型広告(RPP)」の「除外商品」タブを開きます。

商品の除外設定方法1

 

2.「一括アップロード」ボタンをクリックします。
(「新規登録」ボタンをクリックして、一度に5商品まで登録することも可能です。)

商品の除外設定方法2

 

3.「商品管理番号で一括登録する」ウィンドウが開いたら、「サンプルフォーマットはこちら」ボタンをクリックします。

商品の除外設定方法3

 

4.一括登録用のCSVフォーマット(エクセル)がダウンロードされるため、開いて各項目を入力します。

商品の除外設定方法4

・コントロールカラム
以下のアルファベットを入力することで、商品を除外するかどうかを指定します。
n:除外商品として新規登録する
d:除外商品から削除する

・商品管理番号
各商品の商品管理番号を入力します。

 

 

5.最後に「商品管理番号で一括登録する」ウィンドウの「ファイル参照」ボタンから4のCSVファイルを選択し、「アップロード」ボタンをクリックします。

商品の除外設定方法5

 

パフォーマンスレポートを活用して最適化を図る

楽天RPP広告で最大限の広告効果を得るためには、効果測定結果が確認できるパフォーマンスレポートの活用は必須といえます。

パフォーマンスレポートは、楽天プロモーションメニューから「検索連動型広告(RPP)」の「パフォーマンスレポート」タブで確認できます。

パフォーマンスレポート

 

パフォーマンスレポートではRPP広告に関するさまざまなデータが確認できますが、特に以下の項目に注目しましょう。

 

【パフォーマンスレポートで注目すべきポイント】

・かかったコストを確認したい時
実績額(クリックの獲得にかかった広告費用)、注文獲得単価(1件の売上を獲得するのにかかった広告費用)…など

・広告からのアクセスを確認したい時
クリック数(獲得したクリック数)、CTR(広告が表示されたうちクリックされた割合)…など

・広告の売上を確認したい時
売上金額(広告経由でたった売上金額)、売上件数(広告経由でたった売上件数)…など

・広告の費用対効果を確認したい時
目安CPC(検索結果に表示されるために必要な目安のCPC)、CVR(広告経由の購入転換率)、ROAS(広告経由の売上金額に対する広告費用の回収率)…など

 

パフォーマンスレポートではこれらの項目を分析することで、以下のようなアクションを起こせるようになります。

 

【パフォーマンスレポートを用いたアクションの例】

・CPCが高すぎる場合は必要十分な単価まで調整する

ROASが悪い商品は除外設定をおこなう

CVRが悪い商品は商品ページの内容を見直す

…など

 

広告を出す目的パフォーマンスレポートの結果に基づいて、目的達成に繋がるようなアクションプランを策定しましょう。

 

 

楽天RPPの攻略法:まとめ

今回は楽天RPPの広告効果を最大化させる5つの攻略法・コツをご紹介しましたが、すぐに広告効果をあげることは簡単なことではありません。

パフォーマンスレポートや市場状況をこまめにチェックしながらPDCAを継続的に回すことで、やっと広告設定を最適化できます。

ファイブスプリングスでは本記事以外にも楽天RPPを攻略する方法をお届けしているため、ぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。

 

楽天 RPP広告が表示されない際にチェックする5つの原因と対策

楽天RPP広告の攻略は市場の成熟度によって異なる! ブルーオーシャン/レッドオーシャンでの戦い方

楽天RPP広告 目的別攻略法!「露出の占有」か「自然検索が上がるまでの投資」か

 

また攻略情報をお届けするだけでなく、今回ご紹介した設定の代行や、分析~戦略立案~実行まで一貫してサポートするコンサルティングサービスもご提供しています。

「楽天RPP広告の最適な運用に苦戦している」「楽天RPP広告の効果をもっと伸ばしたい」という方は、ぜひ一度お問い合わせページからお気軽にご相談ください。

 

サポート実績

SUPPORT

  • 会社名
  • 会社名
  • 会社名
  • 会社名
  • 会社名
  • 会社名
  • 会社名
  • 会社名
  • 会社名
  • 会社名
  • 会社名
  • 会社名
まずはお気軽に
ご相談ください。
  • 売上の伸び悩み

    売上の伸び悩み
    に関するご相談

  • 新規立ち上げ

    新規立ち上げ
    に関するご相談

  • 運用代行

    運用代行
    に関するご相談

その他漠然とした内容のご相談でも構いませんので、お気軽にご相談ください。

ー規模や地域に関係なく、日本全国サポート対応いたしますー

電話でご相談 03-6260-6815

受付時間:10時~18時(土・日・祝定休日)